150W MP3カーパワーアンプ

ブロック図:
ここでは、アクティブスピーカーの図です。 National SemiconductorのLF353は、オーディオ信号を3つの帯域に分割します。 SANYOのLA47536はこれらの信号を増幅します。 ステレオモードでは、非常に重要な音圧を生成する8人のハイスピーカーのアクションが必要です。

スリーバンドアクティブトーンコントロール:

説明:
LF353広帯域デュアルJFET入力オペアンプ
概要
これらのデバイスは、内部で調整された入力オフセット電圧(BI-FET IIテクノロジー)を備えた低コスト、高速、デュアルJFET入力オペアンプです。 低消費電流でありながら、大きなゲイン帯域幅積と高速スルーレートを維持します。 さらに、高整合JFET入力デバイスは、非常に低い入力バイアスとオフセット電流を提供します。 LF353は標準のLM1558とピン互換性があるため、設計者は既存のLM1558およびLM358デザインの全体的なパフォーマンスをすぐにアップグレードできます。 これらのアンプは、高速積分器、高速D / Aコンバーター、サンプルアンドホールド回路、および低入力オフセット電圧、低入力バイアス電流、高入力インピーダンス、高スルーレート、広帯域幅を必要とする他の多くの回路などのアプリケーションで使用できます。 これらのデバイスは、低ノイズおよびオフセット電圧ドリフトも示します。 (ナショナルセミコンダクター)

特徴 :
内部でトリミングされたオフセット電圧:10 mVの
低入力バイアス電流:50pA
低入力ノイズ電圧:25 NV
低入力ノイズ電流:0.01 pAの
広いゲイン帯域幅:4 MHzの
高スルーレート:13 V /私たち
低電源電流:3.6 M
高入力インピーダンス:1012。
低い全高調波歪み:<0.02の%
低1 / fノイズのコーナー:50 Hzの
0.01%の高速セトリング時間:2たち

パワーアンプ:

アンプをスーツケースの後ろに設置する場合、スイッチの動作を停止する必要があります。 LA47536には、pin4というスタンバイ機能があります。 この松には、アンプの起動時に2Vよりも優れた小さな張力が必要です。 トランジスターQ1およびQ2は、歩行のための機能を距離のために停止させます。 ドライバーが左インジケーターを作動させると、バックファイアを点灯するかブレーキを押すと、ランプが点灯し、Q2を駆動します。 概要

LA47536 4チャンネル45 W BTLカーオーディオパワーアンプ
LA47536は、カーオーディオシステム用に開発4チャンネルBTLパワーアンプICです。 出力段の特徴

-ハイサイドでV-PNPトランジスター、ローサイドでNPNトランジスターを使用して、高出力と優れたオーディオ品質を提供する純粋な相補構造。

-LA47536には、スタンバイスイッチ、ミュート機能、各保護回路など、カーオーディオの使用に必要なほぼすべての機能が含まれています。 また、自己診断機能(出力オフセット検出)も提供します。 (三洋)

機能説明
1。 スタンバイスイッチ機能(ピン4)
ピン4のしきい値電圧は2 VBEに設定されます。 Vstが2.0V以上の場合、アンプはオンになり、Vstが0.7V以下の場合、アンプはオフになります。 ピン4には少なくとも40uAの動作電流が必要であることに注意してください。

2。 ミューティング機能
ピン22をグランド電位に設定することにより、ICはミュート状態に設定されます。 この状態では、オーディオ出力はミュートされます。 ミューティング機能が動作する時定数は外部RC回路によって設定され、この時定数はアンプがオンまたはオフになるときに発生するポップノイズに影響します。
ミュートのオンとオフを推奨外付け部品の値(R = 10k、C = 3.3uF)は以下のとおりです。に起因する回
時間上のミュート:50ms
オフ時間ミュート:20ms

3。 自己診断機能(スピーカー焼損防止)
定常状態の動作中、LA47536は内部で異常なアンプ出力オフセットが発生したかどうかを検出し、この信号をピン25から出力します。 アプリケーションは、システムマイクロコントローラーがこのピン25出力信号を検出し、スタンバイ状態または電源を制御することにより、スピーカーの焼損やその他の問題を防ぐことができます。 (異常な出力オフセットは、たとえば入力コンデンサのリーク電流によって引き起こされる可能性があります。)ピン25信号は、ピン1をグランド電位に設定することによりオフになります。

4。 発振器の安定性
場合によっては、PCBレイアウトによって寄生発振が誘発されることがあります。 この振動は、以下にリストされたコンポーネントを追加することで除去できます。 最終製品の実際の実装状態でテストすることにより、最適なコンデンサ値を検証する必要があることに注意してください。 各出力ピンとグランドの間にコンデンサと抵抗(0.1uFと2.2)を直列に接続します。

5。 オーディオ品質(低域)
低周波数での周波数特性は、入力コンデンサの容量を可変にすることで改善できます。 推奨容量は2.2uF以下です。

6。 保護回路
1.4V付近のSTBY電圧で出力を接地しないでください。 また、STBY電圧に時定数が与えられている接地状態でICをオフにしないでください。

7。 ポップノイズ
LA47536にはポップノイズ防止回路が含まれていますが、ミューティング機能を使用することでポップノイズをさらに低減できます。 電源が投入されると同時にミューティング機能を有効にします。 次に、出力DC電位が安定したら、ミューティング機能をオフにします。 アンプをオフにするときは、まずミュート機能をオンにしてから、電源をオフにします。 これら2つの方法は、ポップノイズを最小限に抑えるのに効果的です。

プリント基板:

レビューを送信するにはここをクリックしてください。


あなたのレビューを提出
*必須フィールド

CZH Fmトランスミッタ
No.1502 Room HuiLan Building No.273 Huanpu Road 広州, 広東, 510620 中国
+ 86 13602420401
シェア